「サカナ」カテゴリーアーカイブ

ヒメオコゼ幼魚

ヒレが360度全開に広がってるヒメオコゼの幼魚。

これも正面から撮りたい幼魚なんだけど、一人ではとても無理。

囲んでも運次第。

ヒメオコゼ幼魚
ヒメオコゼ幼魚

 

斜め下や斜め横からが限界ですよー。

ヒメオコゼ幼魚
ヒメオコゼ幼魚

ブログランキングに参加しています。どれかポチっとしてくれるとうれしいです。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

水中写真 ブログランキングへ

ダイビング ブログランキングへ

アカタチ幼魚

青海島で出会った頭でっかちな幼魚。

海の中では何の幼魚か分からなかったけど、どうやらアカタチらしい。

言われてみれば、紫津浦で見る親アカタチと同じ姿だ。

こんな小さな時からもう成魚と同じ姿なんだな。

でも船越では親、見たことないんだよなぁ・・・。

アカタチ幼魚
アカタチ幼魚

ブログランキングに参加しています。どれかポチっとしてくれるとうれしいです。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

水中写真 ブログランキングへ

ダイビング ブログランキングへ

レプトケファルス幼生

ブラックウォーターダイビングでスーパー元気なレプトケファルス幼生が出現。

過去、青海島で見たレプトケファルス幼生はすべて、エグジット直前に弱った状態ばかりだったのだ。

ガイドさんがずっとライトを当ててくれていたから、追いかけられた感じ。すごく動きが速くて、びっくりです。

そんなにお世話になったのに、写真は全滅。

ただこの1枚だけ、限界まで明るさを明るくしていったら、なんとなく輪郭が浮かび上がってくれました。

レプトケファルス幼生
レプトケファルス幼生

ナイトのレプトケファルス幼生撮影がこんなに難しいもんだとは、・・・。

 

ブログランキングに参加しています。どれかポチっとしてくれるとうれしいです。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

水中写真 ブログランキングへ

ダイビング ブログランキングへ

ん~、ワォ! オコゼ幼魚?

オコゼの仲間らしき幼魚を撮影していたら、口を開けてるシーンを視認。

もう一度開けてくれないかなと待っていたら、無事大口開けてくれました。

正面から撮影出来ないのが残念。

Waoオコゼ幼魚
WAOオコゼ幼魚

ブログランキングに参加しています。どれかポチっとしてくれるとうれしいです。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

水中写真 ブログランキングへ

ダイビング ブログランキングへ

最も好きな寄生虫 マツイウミチョウ

昨日の寄生虫つながりで、今日は寄生虫。浮遊系は1日だけお休みです。

6月の青海島で、僕が最も好きな海洋寄生虫が見られます。

ググってみたら、イサキやシマアジにもくっついてるそうです。

が、青海島で見つかるのは、アナハゼにくっついています。

アナハゼに寄生するマツイウミチョウ
アナハゼに寄生するマツイウミチョウ

その名はマツイウミチョウ、その名の通り蝶のような美しい姿をしてると言いたいところですが、僕の目には「蝉」にしか見えません。

マツイウミチョウ
マツイウミチョウ

ほらね、サカナに寄生している言われなければ、新種の蝉かと思うところです。

普通はこの姿しか拝むことが出来ないのですが、青海島 船越のトンネルや洞窟など、流れの強いところだと、その流れでマツイウミチョウがパタパタして、めくれることがあります。

そして、おそらくアナハゼの皮膚に食いついてる口を起点に反転すると、なんとビックラぽんやわ!

マツイウミチョウ
マツイウミチョウ

新種の「蟹」が出てきました。

凄い寄生虫ですね。惚れてまうよ。

ブログランキングに参加しています。どれかポチっとしてくれるとうれしいです。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

水中写真 ブログランキングへ

ダイビング ブログランキングへ

幼魚

幼魚
幼魚

浮遊系ではいろんな幼魚にも出会います。カサゴの幼魚でしょうか、この幼魚には過去何度も出会っています。

この幼魚には初めて出会ったかもしれません。

最初はいつも見るのと同じかなと思っていたのですが、ヒレに大きな日輪が。

幼魚
幼魚
幼魚

青い丸が左右の腹びれにあるようです、特徴的な幼魚です。

 

ブログランキングに参加しています。どれかポチっとしてくれるとうれしいです。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

水中写真 ブログランキングへ

ダイビング ブログランキングへ

群がられる幼魚

一応他のダイバーが視認出来る距離をとりつつ、少し離れたところにいた時、とある幼魚を発見。

しかし、今まで見た個体より大きめで、元気いっぱい。

近づくとすごい勢いで泳いでいくので、後ろ姿しか見ることが出来ません。

一人で撮影するのはあきらめて、勢いも凄いので、みんなの方向に誘導することに。

本当に思い通りに逃げてくれます。

 

そうして、いい距離になったところで、ライトをぐるんぐるん振り回すと、名ガイド笹川さんが気づいてくれて、近寄ってきてくれます。

 

しかし、他のダイバーも当然気づいたようで、近づいてくるやいなや、あっという間に取り囲まれて、自分の入る隙間がない。

ガーン!

まだ撮ってないんですけど、って言いたいけど、海では言えない。

囲まれるハリゴチ幼魚
囲まれるハリゴチ幼魚

まさかのキアンコウ並に大人気のハリゴチ幼魚。

みんな、何枚か撮影したら、少し離れて、画像確認して、再度やってくる感じなので、その隙になんとか撮影できたけど、入るタイミングもあまり作れなくて、狙っていた正面顔は結局一枚も撮れずじまい(泣)

ハリゴチ幼魚
ハリゴチ幼魚

後で聞いたら、今シーズン初ハリゴチ幼魚だったらしい。

いやぁ、びっくりでした。

ブログランキングに参加しています。どれかポチっとしてくれるとうれしいです。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

水中写真 ブログランキングへ

ダイビング ブログランキングへ

ソコカクレウオ幼魚

今夜も青海島でのライトトラップナイトダイビング。

そして、奇跡は再び起きた。

ライトトラップの設置場所に行く途中、目の前に、「ソコカクレウオ幼魚」が現れた。

 

奇跡は二度起きるもんなんですね、昨日のトウカイナガダルマガレイに続き、ついてます。

ソコカクレウオ幼魚
ソコカクレウオ幼魚

独特な細長い身体に、これまた独特な細長い、まるでヒレのような外腸。まさに奇跡の造形です。

ソコカクレウオが大人になるとナマコの肛門に入って暮らすとは信じられません。

子供の頃はこんな優雅な造形なのに。

ソコカクレウオ幼魚の透明な身体は光を浴びるとレインボーに光るのです。メチャクチャ綺麗なのです。そう撮れない腕が憎い。

ソコカクレウオ幼魚
ソコカクレウオ幼魚

今夜も素敵な出会いを与えてくれた青海島の海と、ナイトダイビングを企画してくれたシーアゲインラブ&ブルーのスタッフ、そして一緒に潜ったダイバーのみんなに感謝です。

ありがとう!

ブログランキングに参加しています。どれかポチっとしてくれるとうれしいです。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

水中写真 ブログランキングへ

ダイビング ブログランキングへ

クラゲと共に

サルパやクラゲが視界を覆い尽くした青海島 船越。

 

そんなクラゲをよく見ると、周囲でちょろちょろ動く影が。

フウセンクラゲと仔魚
フウセンクラゲと仔魚
ウリクラゲと仔魚
ウリクラゲと仔魚

クラゲと共に生きる仔魚達。

ウリクラゲやフウセンクラゲは毒々しさもなく、相手が捕食しようとしない限りは大丈夫そうなんだけど、ツクシクラゲの仲間は見るからにやばそうです。

ツクシクラゲと仔魚
ツクシクラゲと仔魚
ツクシクラゲと仔魚
ツクシクラゲと仔魚
トクサクラゲと仔魚
トクサクラゲと仔魚

しかもこいつら、不思議なことに、たまにクラゲから離れたところで見つけることがあるのだけど、撮影しようと近づくと確実にクラゲの触手のすぐ傍まで逃げていく。

一歩間違えたら即死だと思うんだが、オレよりクラゲの触手のほうが安全に感じるなんて、ショックすぎる。

しかしこんな風に元気な仔魚のすぐ上で、触手に絡め取られておだぶつしてるのもいるのです。

ツクシクラゲと仔魚
ツクシクラゲと仔魚。上には吸収された仔魚の死骸。

人間だと死体を抱えてる殺人鬼に助けを求めにいく感じ?

たとえが悪すぎてすいません。

海水浴シーズンに危険で有名なアカクレゲも仔魚には大人気です。

アカクラゲとイボダイ仔魚
アカクラゲとイボダイ仔魚

 

ブログランキングに参加しています。どれかポチっとしてくれるとうれしいです。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

水中写真 ブログランキングへ

ダイビング ブログランキングへ

ナイトもトウカイナガダルマガレイ

楽しいナイトダイビングはライトトラップ。

ところがライトトラップする前に、エントリーして10秒ぐらい移動したところで、昼間見たトウカイナガダルマガレイ幼魚(たぶん別個体)と遭遇。

トウカイナガダルマガレイ幼魚
トウカイナガダルマガレイ幼魚

今日、ラブ&ブルーの小川さんはスゴかです。一日に2個体のトウカイナガダルマガレイ幼魚発見するなんて、ありえないっす。

 

そして、ライトトラップ開始。自分のライトは他の2人のライトに比べるとしょぼいので、離れたところで二人のライトに引き寄せされる生物を待ち伏せして狙う作戦。

カレイの幼魚が今日はすごいです。大量に集まってきます。そしてそんな中、本日3個体目。

そうです、またしてもトウカイナガダルマガレイ幼魚が現れた。

トウカイナガダルマガレイ幼魚
トウカイナガダルマガレイ幼魚

さっきとは違う個体です、だって最初のは竿についてる鯉のぼりが5個だけど、こいつは7個ついてます。

トウカイナガダルマガレイ幼魚
トウカイナガダルマガレイ幼魚

しかも、僕が見たのとは別で、他のダイバーも見ていたらしい。

今年はキアンコウ幼魚に続き、トウカイナガダルマガレイ幼魚も当たり年か。

キアンコウのシーズンも終わり、トウカイナガダルマガレイシーズンに入ったのかな。

 

ブログランキングに参加しています。どれかポチっとしてくれるとうれしいです。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

水中写真 ブログランキングへ

ダイビング ブログランキングへ