子育て中のオオトガリズキンウミノミ

大きく広がったチョウクラゲ発見。

もう遠目からでも、オオトガリズキンウミノミの子供達がいっぱい着いてるのが分かる。

たまらないのを見つけちまったぜ。

子育て中オオトガリズキンウミノミ
子育て中オオトガリズキンウミノミ

とても乗ってる親オオトガリズキンウミノミのお腹に集まっていたとは思えないほど、大きく育ったオオトガリズキンウミノミの子供達。

 

身体が小さいだけで、姿はもう親と同じ。ここまで大きくなるまではどのくらいなんだろうか?

食べてるのはチョウクラゲ?

子育て中オオトガリズキンウミノミ
子育て中オオトガリズキンウミノミ

可愛いね、オオトガリズキンウミノミの子供達。

お腹に卵を抱えたオオトガリズキンウミノミはオワンクラゲとかにもいるのに、子育て中はチョウクラゲでしか見たことがない。

何故だろうか?

子供の栄養にはチョウクラゲがベストなのか?

毒性の違いで、オワンクラゲの毒は子供には強すぎるのだろうか?

ところで、このオオトガリズキンウミノミの子育てシーンは研究者の間では珍しいシーンってのは本当なのだろうか?

峯水さんの日本クラゲ大図鑑P255にも掲載されてるし、青海島春の浮遊系シーズンでは毎年見られてる当たり前のシーンなんだけどなぁ。

ブログランキングに参加しています。どれかポチっとしてくれるとうれしいです。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

水中写真 ブログランキングへ

ダイビング ブログランキングへ