幻級の深海魚 リュウグウノツカイ

幻の深海魚 リュウグウノツカイとの出会いも山口県 青海島。

自分は見ていないのだが、リュウグウノツカイの死骸が打ち上げられて猫が食べていたとの話を聞き、現れてもおかしくないぞとなっていた。

しかし、そうそう見られるはずもなかったのだが・・・。

一人はぐれて、オオタルマワシを撮影していた時のこと。どこかからベルの音が聞こえてくる。最初はどこからなってるのか分からなかったのだけど、なんとなく下からなってる気がして、海底に降りていくと、アシスタントガイドのKUMIさんが。

すぐ側に着底すると、なにやら前方の方を指さしている。

浮遊系やってる真っ最中だったので、指の先の方にいる小さな生き物を探したのだが全く分からなかった。しかし、かなり先にいる長ーい生物に気がついたのです。それこそが人生で最初で最後のリュウグウノツカイ。

60ミリマクロではちょっと撮れないので、コンデジに持ち替えようとしていると、僕の焦ってる気持ちが伝わってしまったのか、それまでじっとしていたリュウグウノツカイが泳ぎ始めました。

なんとかコンデジの準備が出来、動画撮影開始。

DEEP BLUE RESIDENTSによると、水深200~1000mでの生息。

最大は11mという巨大なものも。

このリュウグウノツカイは1.5mといったところだから、まだ小学生レベルかな。

それにしてもリュウグウノツカイを見ても、落ち着いてガイドとしての役目を果たしたKUMIさんの仕事ぶりには敬服します。

海面に着いた頃には動画で分かるように、他のダイバーも集まってきて、大勢で撮影会となりました。もう少し透明度がよければね、でもあの透明度だったから、早々にコンデジに持ち替えたってのもあるしな。

リュウグウノツカイ
リュウグウノツカイ

ところで、自分はこの正面が大好きです。サケガシラでは撮影し忘れていたので、一瞬人が離れた瞬間に真上に廻ってパシャリ。

リュウグウノツカイ正面
リュウグウノツカイ正面

ブログランキングに参加しています。どれかポチっとしてくれるとうれしいです。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

水中写真 ブログランキングへ

ダイビング ブログランキングへ