クリーニング

和歌山県はみなべの海。

水深40mのオオカワリギンチャクだけが人気ではないのですよ。

 

岩のひび割れの隙間を覗くと、そこにいたのはアカシマシラヒゲエビ。名前の通り、赤と白の縞模様の身体と白くて長い髭が特徴のエビさんです。

エビの仲間には魚の体表は口の中にいる寄生虫を食べるものがいるのですが、アカシマシラヒゲエビもその仲間。

今日のお客様はキンギョハナダイのようです。

アカシマシラヒゲエビのクリーニング
アカシマシラヒゲエビのクリーニング

クリーニングに使うのは特徴の白い髭ではなく、白い脚?

海中では常に泳ぎまくっているキンギョハナダイも、ここではおとなしくしています。寄生虫は命に関わる大問題だからね。それとも気持ちよくて動けないのかな。

あまりにもクリーニングが上手なのか、クリーニングして欲しいキンギョハナダイはたくさんいるようで、奥から別のキンギョハナダイが押しのけて、クリーニングをしてもらったり。

行列の出来るクリーニング店
大人気、アカシマシラヒゲエビのクリーニングステーション

行列の出来るアカシマシラヒゲエビのクリーニングステーション。

こんな狭い隙間にキンギョハナダイは押し合いへし合いしながら次から次へと入れ替わっていきます。

オレも一度でいいから、こんな人気者になりたい。

 

ブログランキングに参加しています。どれかポチっとしてくれるとうれしいです。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

水中写真 ブログランキングへ

ダイビング ブログランキングへ